ローン

低金利カードローンのおすすめ13選!低金利で借りるコツや金利の下げ方も解説

「利息を抑えたい」「できるだけ少ない負担で借りたい」などの理由で、低金利のカードローンを探している人もいるでしょう。

カードローンの金利は商品ごとに違うため、低金利のカードローンを選べば少ない利息で借り入れが可能です。

今回は低金利で借りられるおすすめのカードローンを紹介するので、借入先を選ぶ際の参考にしてください。

あわせて低金利で借りるコツや、金利の下げ方も解説します。

Contents

低金利で借りられるおすすめのカードローン8選

低金利で借りられるおすすめのカードローンを、8種類選んで紹介します。

カードローン JCB CARD LOAN FAITH りそな銀行カードローン イオン銀行カードローン ソニー銀行カードローン みずほ銀行カードローン 三井住友カード カードローン 楽天銀行スーパーローン 三井住友銀行のカードローン
金利(年) 4.400%~12.500% 3.500~13.500% 3.800~13.800% 2.500~13.800% 2.000~14.000% 1.500~15.000%
※振込専用タイプは1.500~14.400%
1.900~14.500% 1.500~14.500%
利用限度額 500万円まで 10万円~800万円 800万円 10万円~800万円 10万円~800万円 900万円まで 10万円~800万円 10万円~800万円
金利を下げられるサービス 年5.000%で1回払いが可能 ・キャンペーン金利で借り入れできる時期がある
・給与振込または住宅ローン利用で年0.500%金利が引き下げられる
・残高10万円以上でりそなクラブポイントが貯まる
住宅ローンの利用で年0.500%金利が引き下げられる ・振込専用タイプを選べば金利の上限が年14.400%になる
・返済実績に応じて年0.300%(最大1.200%まで)の金利が引き下げられる
・金利引き下げキャンペーンが実施されている時期がある
・入会で楽天ポイントが1,000ポイントもらえる
・利用金額に応じて楽天ポイントが最大30,000ポイントもらえる
・もらえるポイントが増量されるキャンペーンが実施されている時期がある
住宅ローン利用者は金利が年1.500~8.000%に引き下げられる

条件を満たせば低金利で借りられる「JCB CARD LOAN FAITH」

JCB CARD LOAN FAITHの公式キャプチャ
金利(年) 4.400%~12.500%
利用限度額 500万円まで
金利を下げられるサービス 年5.000%で1回払いが可能

JCB CARD LOAN FAITHは、以下の条件を満たしている人が利用できるカードローンです。

  • 20歳以上58歳以下である(学生は除く)
  • 勤めていて毎月安定した収入がある

ただし以下の人は利用できません。

  • 個人事業主など個人の給与収入を示す書類を持っていない
  • パート・アルバイトである
  • 現在の借入残高が年収の3分の1を超えている

利用できる人は限られていますが、条件に当てはまっていれば上限の金利が年15.500%と低金利で借り入れが可能です。

クレジットカード会社が発行するカードローン専用カードで、年5.000%でキャッシング1回払いでも利用できてお得。

すぐに返済できるあてがあるなら、1回払いにするとより低金利で借りられます。

金利が安い銀行でお金を借りるなら「りそな銀行カードローン」

りそな銀行カードローンの公式キャプチャ
金利(年) 3.500~13.500%
利用限度額 10万円~800万円
金利を下げられるサービス ・キャンペーン金利で借り入れできる時期がある
・給与振込または住宅ローン利用で年0.500%金利が引き下げられる
・残高10万円以上でりそなクラブポイントが貯まる

りそな銀行カードローンは、上限の金利が年13.500%と低金利のカードローンです。

申込条件を確認しましょう。

  • 日本国内に居住している
  • 申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満である
  • 継続安定収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる

りそな銀行カードローンでは、給与振り込みまたは住宅ローンの利用で年0.500%金利が引き下げられます。

普段からりそな銀行を利用している人は、よりお得に借入可能です。

キャンペーン特別金利が適用されて、通常よりも低金利で借りられる時期もあります。

2022年4月25日よりキャンペーン特別金利として、年1.490%~13.500%の金利を適用中です。

キャンペーン金利の終了時期については、案内されていません。

カードローンの借入残高が10万円以上なら、りそなクラブポイントが貯まるのも特徴。

貯まったポイントは、別のポイントに交換して利用したりキャッシュバックしたりできます。

りそな銀行カードローンは、申し込みから契約まですべてWeb上で完結する便利なローンです。

契約には口座が必要なので、口座を持っていない人は開設しましょう。

口座作成なしでも借りられる低金利の「イオン銀行カードローン」

イオン銀行カードローンの公式キャプチャ
金利(年) 3.800~13.800%
利用限度額 800万円
金利を下げられるサービス

イオン銀行カードローンは、イオン銀行に預金口座を作成しなくても借りられるカードローンです。

申込条件を確認しましょう。

  • 日本国内に居住している(外国籍の人は永住許可を受けている)
  • 契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満である
  • 本人に安定かつ継続した収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる

イオン銀行カードローンは、年13.800と低金利なカードローンです。

金利を引き下げられるサービスはありませんが、もともと低金利なので利息の負担を減らせます。

イオン銀行カードローンは、本人に収入がなくても配偶者に収入があれば借り入れが可能です。

本人に収入がない場合は、利用限度額が50万円までになります。

カードローンの申し込みから契約まで、すべてWebで対応可能です。

申し込みから5日程度でカードが受け取れるので、カードを受け取ったら借り入れをしましょう。

イオン銀行に口座がある人は、初回1回のみ振り込みでの借り入れも可能です。

ネット銀行ならではの低金利が魅力「ソニー銀行のカードローン」

ソニー銀行の公式キャプチャ
金利(年) 2.500~13.800%
利用限度額 10万円~800万円
金利を下げられるサービス

ソニー銀行カードローンは、ネット銀行ならではの低金利が魅力のカードローンです。

申込条件を確認しましょう。

  • ソニー銀行に円普通預金口座を持っている(同時申込みも可能)
  • 日本国籍または外国籍で永住権を持っている
  • 申込時の年齢が満20歳以上満65歳未満である
  • 原則安定した収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる

ソニー銀行カードローンの上限の金利は13.800%で、利息の負担が少なくお得です。

パソコンやスマホで申し込みから契約まで完結できます。

利用明細はWebで確認できるため、自宅への郵送がありません。

受け取る郵送物を減らしたい人にも便利なローンです。

ローン一体型のキャッシュカードを持っている人は、キャッシュカードを利用して借り入れができます。

ソニー銀行に口座がなくても申し込めますが、口座の開設が必要です。

住宅ローンとの併用でお得な「みずほ銀行カードローン」

みずほ銀行カードローンの公式キャプチャ
金利(年) 2.000~14.000%
利用限度額 10万円~800万円
金利を下げられるサービス 住宅ローンの利用で年0.500%金利が引き下げられる

みずほ銀行カードローンは、住宅ローンとの併用でお得になるカードローン。

住宅ローンの利用者は、年0.500%金利が引き下げられます。

上限の金利が年14.000%と低めで、住宅ローンと併用すれば年13.500%と低金利です。

フラット35の利用者も店舗で申し出れば金利の引き下げが受けられるので、相談しましょう。

申込条件は以下の通りです。

  • 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満である
  • 安定かつ継続した収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる
  • 外国籍の人は永住許可を受けている

みずほ銀行カードローンは、来店も郵送も不要で申し込み可能で便利。

みずほ銀行の口座を持っていなくても申し込めますが、カードローンの利用には口座の開設が必要です。

低金利で借りられて即日融資も可能な「三井住友カード カードローン」

三井住友カードカードローンの公式キャプチャ
金利(年) 1.500~15.000%
※振込専用タイプは1.500~14.400%
利用限度額 900万円まで
金利を下げられるサービス ・振込専用タイプを選べば金利の上限が年14.400%になる
・返済実績に応じて年0.300%(最大1.200%まで)の金利が引き下げられる

三井住友カード カードローンは、低金利で借りられて即日融資も可能なカードローン。

銀行カードローンではなく、クレジットカード会社が発行しています。

申込条件を確認しましょう。

  • 満20歳以上満69歳以下である
  • 安定収入がある(学生は除く)

三井住友カード カードローンには、カードタイプと振込専用タイプがあります。

上限の金利は年15.000%と低い設定です。

振込専用タイプなら、上限の金利が年14.400%とさらにお得。

カードが不要なら、振込専用タイプを選びましょう。

返済実績に応じて年に0.300%ずつ金利が引き下げられ、最大で年1.200%金利が引き下がります。

返済に遅れがあると金利が下がらないので、返済を忘れないよう注意しながら利用しましょう。

即時発行受付時間内(9:00~19:30)に申し込みを済ませれば、最短5分で審査可能です。

ただし申込金額が50万円を超えると即日発行はできないため、早く借りたい人は低い金額で申し込みましょう。

審査状況によっては、審査結果連絡が翌日以降になる可能性もあります。

※カードレスタイプをご希望の場合、「オンライン口座振替設定」画面遷移後、50分以内に「オンライン口座振替設定」及び「キャッシングのご契約内容確認」を完了し、「お申込手続き完了」画面まで進める必要があります。
※上記の設定が難しい場合は、カードタイプの申込をおすすめします。

金利引き下げキャンペーンがお得な「楽天銀行スーパーローン」

楽天銀行スーパーローンの公式キャプチャ
金利(年) 1.900~14.500%
利用限度額 10万円~800万円
金利を下げられるサービス ・金利引き下げキャンペーンが実施されている時期がある
・入会で楽天ポイントが1,000ポイントもらえる
・利用金額に応じて楽天ポイントが最大30,000ポイントもらえる
・もらえるポイントが増量されるキャンペーンが実施されている時期がある

楽天銀行スーパーローンは、キャンペーンが豊富なカードローンです。

金利引き下げキャンペーンが実施されている時期に入会すると、金利がお得。

入会で楽天ポイントが1,000ポイントもらえる特典は、常設プログラムです。

利用金額に応じて楽天ポイントが最大30,000ポイントもらえる特典も、常に適用されます。

時期によっては、もらえるポイントが増量されるキャンペーンが実施されている場合も。

契約を急いでいないときには、キャンペーンが実施されている時期を選んで申し込みましょう。

申込条件は以下の通りです。

  • 年齢が満20歳以上満62歳以下である
  • 日本国内に居住している(外国籍の人は永住権または特別永住権を持っている)
  • 安定かつ継続した収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる

楽天銀行アプリから申し込める、便利な商品です。

住宅ローン利用者に特におすすめの「三井住友銀行のカードローン」

三井住友銀行の公式キャプチャ
金利(年) 1.500~14.500%
利用限度額 10万円~800万円
金利を下げられるサービス 住宅ローン利用者は金利が年1.500~8.000%に引き下げられる

三井住友銀行のカードローンは、住宅ローン利用者に特におすすめ。

上限の金利は年14.500%と低めです。

三井住友銀行の住宅ローンを利用している人は、金利が年1.500%~8.000%に引き下げられます。

住宅ローンの返済に遅延がある場合は、金利の引き下げの対象になりません。

フラット35など対象にならない住宅ローンもあるため、条件を確認した上で申し込みを検討しましょう。

申込条件は以下の通りです。

  • 申込時に満20歳以上満69歳以下である
  • 原則安定した収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる

三井住友銀行のカードローンは、69歳まで申し込めます。

銀行カードローンの中では、上限の年齢が高めの商品です。

キャンペーンを利用して低金利で借りられるカードローン5選

上限の金利は平均的でも、キャンペーンを利用すれば低金利で借りられるカードローンもあります。

おすすめのカードローンを5種類紹介するので、チェックしてください。

カードローン プロミス レイクALSA アイフル アコム SMBCモビット
金利(年) 4.500~17.800% 4.500~18.000% 3.000%~18.000% 3.000%~18.000% 3.000%~18.000%
利用限度額 500万円まで 1万円~500万円 1万円~800万円 1万円~800万円 1万円~800万円
金利を下げられるサービス ・初めての契約なら30日間無利息で借りられる
※Web明細の利用登録とメールアドレス登録が必要
・アプリの利用などでVポイントが貯まる
3種類の無利息特典のいずれかが条件に応じて適用される 最大30日間無利息で借りられる 最大30日間無利息で借りられる ・Tポイントによる返済ができる
・Tポイントが貯められる

アプリの利用でポイントが貯まるプロミス

プロミスの公式キャプチャ
金利(年) 4.500~17.800%
利用限度額 500万円まで
金利を下げられるサービス ・初めての契約なら30日間無利息で借りられる
※Web明細の利用登録とメールアドレス登録が必要
・アプリの利用などでVポイントが貯まる

プロミスは、初めて契約する人なら30日間無利息で借りられるカードローン。

Web明細の利用登録とメールアドレス登録を条件として、初回出金日の翌日から30日間利息なしで借り入れができてお得です。

プロミスの申込条件を確認しましょう。

  • 18歳以上69歳以下である(高校生は除く)
  • 本人に安定収入がある

上限の金利は年17.800%で、他の大手消費者金融より低めです。

プロミスでは以下のような利用でVポイントが貯められます。

  • プロミスアプリの利用
  • 毎月の返済

プロミスアプリの利用では、会員サービスにログインした際に10ポイントもらえます。

ポイントがもらえるのは月に1回までです。

毎月の返済では、利息200円ごとに1ポイントもらえます。

貯めたVポイントは他社ポイントへの交換が可能です。

1ポイント1円として、ショッピングにも利用できます。

最短審査時間が30分で、申し込み状況によっては即日融資も可能です。

無利息期間が長く利息を抑えられるレイクALSA

レイクALSAの公式キャプチャ
金利(年) 4.500~18.000%
利用限度額 1万円~500万円
金利を下げられるサービス 3種類の無利息特典のいずれかが条件に応じて適用される

レイクALSAは初めて借り入れをする人に適用される無利息特典が長く、利息を抑えられるカードローンです。

無利息特典には以下の3種類があり、条件に応じて適用されます。

無利息特典 契約額 申込方法
借入額のうち5万円まで180日間利息0円 1万円~200万円 ・Web
・自動契約機
・電話
借入額全額60日間利息0円 1万円~200万円 Web限定
借入額全額30日間利息0円 1万円~500万円 ・Web
・自動契約機
・電話

無利息期間経過後は通常金利が適用されます。

申込条件を確認しましょう。

  • 満20歳から70歳以下である
  • 日本国内に居住している(または日本の永住権を取得している)
  • 安定した収入がある
  • メールアドレスを持っている

レイクALSAは、Webで申し込めば最短60分での融資も可能です。

21時まで(日曜日は18時)までに審査と必要書類の確認も含めて契約手続きが完了すれば、当日中の振り込みも可能です。

ただし一部金融機関とメンテナンス時間帯を除きます。

最大30日間の無利息サービスが適用されるアイフル

アイフルの公式キャプチャ
金利(年) 3.000%~18.000%
利用限度額 1万円~800万円
金利を下げられるサービス 最大30日間無利息で借りられる

アイフルは、初めて契約する人を対象として最大30日間の無利息サービスが適用されるカードローンです。

契約日の翌日から数えて30日目までが無利息で利用できる期間で、契約したのに借り入れをせずにいると無利息で借りられる日数が減る点に注意しましょう。

上限の金利は年18.000%と平均的です。

無利息で借りられる期間を活用して、お得に借りましょう。

アイフルでは繰り上げ返済も可能です。

無利息で借りられる期間のうちに早めに返済を終わらせると、少ない利息で借り入れできます。

申込条件は以下の通りです。

  • 満20歳以上満69歳以下である
  • 定期的な収入と返済能力がある

アイフルは最短の審査時間が25分と、融資スピードが魅力。

急いで借りたい時には申し込んだ後に電話連絡をすると優先して審査を開始してくれるため、急いでいる人は連絡を入れましょう。

無利息期間があり利息の軽減が可能なアコム

アコムの公式キャプチャ
金利(年) 3.000%~18.000%
利用限度額 1万円~800万円
金利を下げられるサービス 最大30日間無利息で借りられる

アコムも、初めて申し込む人を対象として最大30日間無利息で借りられるサービスを提供しているカードローンです。

無利息で借りられる期間は契約日の翌日から30日間なので、契約したら早めに借り入れをして無利息期間を有効活用しましょう。

上限の金利は、年18.000%と平均的な金利です。

申込条件を確認しましょう。

  • 満20歳以上満69歳以下である
  • 安定した収入と返済能力がある

アコムは初めて借り入れをする人にもわかりやすいように、手続きのしやすさにこだわっています。

最短審査時間は30分で、審査状況によっては即日融資にも対応可能です。

ポイント返済が可能で現金による返済額が抑えられるSMBCモビット

SMBCモビットの公式キャプチャ
金利(年) 3.000%~18.000%
利用限度額 1万円~800万円
金利を下げられるサービス ・Tポイントによる返済ができる
・Tポイントが貯められる

SMBCモビットは、Tポイントによる返済が可能で現金による返済額が抑えられるカードローンです。

返済の際に、利息200円につきTポイントが1ポイント貯まります。

Tポイントを活用すれば、お得に借り入れができます。

Tポイントサービスを利用するには、Tポイントサービスの利用手続きが必要です。

契約が完了したら、忘れずに手続きしましょう。

SMBCモビットの申し込み条件は、以下の通りです。

  • 満20歳以上満69歳以下である
  • 安定収入がある

SMBCモビットでは、Tカード機能付きの「多機能型モビットカード Tカードプラス(SMBCモビット next)」も発行可能です。

クレジットカード機能とローンカード機能が付いていて、Tポイントカードとしても利用できるので、ぜひ発行を検討しましょう。

借り換えや一本化におすすめの低金利のおまとめローン4選

今のカードローンからの借り換えや、複数の借り入れの一本化によって低金利で借りたい人におすすめのローン商品も確認しましょう。

カードローンから別のカードローンに借り換えた場合は追加融資も可能です。

複数の借り入れをまとめて一本化するおまとめローンを選んだ場合は、追加融資は受けられません。

おすすめのローンを4種類紹介するので、チェックしてください。

おまとめローン 中央リテール 東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン) アイフルのおまとめローン「おまとめMAX・かりかえMAX」 オリックス・クレジット「VIPフリーローン(貸金業法に基づくおまとめローン)」
金利(年) 10.950~13.000% 9.800~14.600% 3.000~17.500% 3.000~14.500%
利用限度額 500万円まで 30万円~1,000万円 1万円~800万円 100万円~800万円
金利を下げられるサービス

上限の金利が年13.0%と低金利な中央リテール

中央リテールの公式キャプチャ
金利(年) 10.950~13.000%
利用限度額 500万円まで
金利を下げられるサービス

中央リテールは、おまとめローン専門の消費者金融で、上限の金利が年13.000%と低金利です。

現在利用しているカードローンの金利が年13.000%よりも高い人は、一本化すれば金利が下がります。

下限の金利が年10.950%と高めなので、現在のカードローンが年13.000%よりも低い金利なら、おまとめで金利が下がるとは限りません。

借入額や返済計画などの条件によって、まとめた方がよいかどうか決まります。

中央リテールでは国家資格である貸金業務取扱主任者の資格を持っている担当者が対応してくれるため、不安な場合は相談しましょう。

利用条件は明記されていませんが、クイック診断では65歳までの年齢が表示されているため、利用できるのは65歳までと予想できます。

銀行のおまとめローン「東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)」 

東京スター銀行の公式キャプチャ
金利(年) 9.80~14.60%
利用限度額 30万円~1,000万円
金利を下げられるサービス

東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)は、銀行のおまとめローンで利用限度額が高いのが特徴。

金利は年14.600%と低めです。

今利用しているカードローンの金利が年14.600%よりも高ければ、おまとめで金利が下げられます。

下限の金利である年9.800%よりも低い金利で借りている人は、今のカードローンを利用した方がお得な可能性も。

相談した上で利用を検討しましょう。

東京スター銀行おまとめローン(スターワン乗り換えローン)は、以下のように利用条件が厳しめです。

  • 融資時の年齢が満20歳以上65歳未満である
  • 前年度の税込年収が200万円以上である
  • 正社員、契約社員、派遣社員である
  • 現在利用しているローンを延滞していない
  • 過去に債務整理や自己破産の経験がない
  • 6ヶ月以内に東京スター銀行のローン審査で否決されていない

まとめられる借り入れは、銀行の無担保ローンと貸金業者のローンです。

大手消費者金融でまとめたいならアイフルのおまとめローン

アイフルの公式キャプチャ
金利(年) 3.000~17.500%
利用限度額 1万円~800万円
金利を下げられるサービス

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX・かりかえMAX」は、大手消費者金融で借り入れをまとめたい人向けのローン商品です。

上限の金利が17.500%と、大手消費者金融のカードローンより低めなので、借り換えると金利を下げられる可能性も。

下限の金利が年3.000%と低いため、年17.500%より低い金利で借りている人でも金利が下がるケースもあります。

利用条件を確認しましょう。

  • 満20歳以上69歳までである
  • 定期的な収入と返済能力がある

アイフルのおまとめローンは、貸金業者からの借り入れだけではなく、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボもまとめられます。

おまとめMAXはアイフルを利用した経験がある人向け、かりかえMAXはアイフルを初めて利用する人向けの商品です。

ローンの内容に違いはありません。

年収400万円以上の人におすすめのオリックス・クレジット「VIPフリーローン」

オリックスマネーの公式キャプチャ
金利(年) 3.000~14.500%
利用限度額 100万円~800万円
金利を下げられるサービス

オリックス・クレジット「VIPフリーローン(貸金業法に基づくおまとめローン)」は、年収400万円以上の人を対象としたおまとめローンです。

利用限度額の下限が100万円からで、高額の借り入れをしている人に向いています。

申込条件を確認しましょう。

  • 日本国内に居住している
  • 申込時に20歳以上65歳未満である
  • 年収が400万円以上である

オリックス・クレジット「VIPフリーローン(貸金業法に基づくおまとめローン)」は、上限の金利が年14.500%と低金利です。

銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボもまとめられます。

利用条件を満たしている人は、利用を検討しましょう。

会員なら低金利で借りられるろうきんのローン

会員資格を持っている人なら、低金利で借りられるろうきんのローンを利用する方法もあります。

ろうきんの会員の種類は、以下の3つです。

会員の種類 条件
労働組合などの組合員 ろうきんに出資している労働組合などの組合員
生協の組合員 ろうきんに出資している生活協同組合の組合員および同一生計の家族
一般の勤労者 上記以外の勤労者
※ろうきん友の会に加入または個人会員として金庫に加入する必要あり

個人会員として金庫に加入するには、1,000円の出資が必要です。

ろうきんを利用する際は、住んでいる地域(または勤めている地域)にあるろうきんを利用します。

ろうきんによっては、会員の種類の呼び方が異なるケースもあるので、地域のろうきんの案内を確認しましょう。

Web完結可能な商品もあるろうきんのカードローン

ろうきんでは、利用限度額の範囲内で繰り返し借りられるカードローンが取り扱われています。

利用先のろうきんによって商品内容が異なるため、利用する際は商品概要を確認して申し込みましょう。

今回は中央ろうきんの商品を例に、カードローンの金利や利用方法を紹介します。

商品名はカードローン(マイプラン)です。

会員の種類 労働組合などの組合員 生協の組合員 一般勤労者
金利(年) 3.875~7.075% 4.055~7.255% 5.275~8.475%
利用限度額 500万円まで 500万円まで 100万円まで

仮申し込みはWebでできます。

仮審査が実施されて営業所から連絡を受けたら、来店して本申し込み手続きを行いましょう。

本審査が終わったら契約をして、利用を開始します。

中央ろうきんのカードローンのように、会員によって金利や利用限度が異なる商品もあるのが特徴です。

ろうきんによっては、Web完結型のカードローンを取り扱っているケースも。

近畿ろうきんには、カードローン「Web完結型マイプラン」があります。

来店不要で手続きができる、便利なカードローンです。

金利を確認しましょう。

会員の種類 労働組合などの組合員 生協の組合員 一般勤労者
金利(年) 6.000% 6.900% 7.900%

会員の種類によって金利が決まる仕組みで、同じ会員同士なら金利の差はありません。

高くても金利は年8.500%程度で、消費者金融の年18.000%や銀行カードローンの年14.500%よりも低いのがわかります。

低金利で借りられるろうきんのフリーローン

ろうきんでは、1度借り入れをしたら返済するだけの借り方をするフリーローンの利用も可能です。

カードローンと同様に、借りたお金は幅広い目的に利用できます。

中央ろうきんのフリーローンを例に、カードローンと比較しましょう。

商品概要は以下の通りです。

会員の種類 労働組合などの組合員 生協の組合員 一般勤労者
金利(年) ・変動金利:5.825%
・固定金利:7.000%
・変動金利:6.105%
・固定金利:7.280%
・変動金利:6.325%
・固定金利:7.500%
利用限度額 500万円まで 500万円まで 500万円まで

変動金利を選択すれば、カードローンよりも低金利で借りられます。

繰り返し借りられなくても問題がない場合は、フリーローンを選択してもよいでしょう。

低金利でカードローンを利用する4つのコツ

低金利でカードローンを利用するコツは、以下の4つです。

  • 実質年率が低いカードローンを選ぶ
  • サービスやキャンペーンを利用して実質低金利で借り入れする
  • 他のローン商品の利用で優遇されるカードローンを選ぶ
  • 繰り上げ返済で支払う利息を減らす

それぞれについて詳細を確認しましょう。

実質年率が低いカードローンを選ぶ

低金利でカードローンを利用するなら、実質年率が低いカードローンを選びましょう。

実質年率とは、借りたお金に対して人件費などの諸経費や保証料などを加えて計算した実質上の金利です。

多くのカードローンで、金利は実質年率で表されています。

実施質年率で表示されていれば、見たままの数字で金利の比較が可能です。

金利を比較する際は、上限の金利で比較しましょう。

初めての借り入れをする際には、多くのカードローンで最も高い金利が適用されます。

上限の金利が低いカードローンを選ぶと、低金利で借り入れが可能です。

サービスやキャンペーンを利用して実質低金利で借り入れする

実質年率は高くても、サービスやキャンペーンを利用すれば実質低金利で借りられるケースも。

カードローンやキャンペーンには、以下のような例があります。

  • 金利引き下げキャンペーン
  • 無利息期間を設けるサービス
  • ポイントサービス

例えば楽天銀行では、期間限定で金利引き下げキャンペーンが実施されています。

時期を選んで申し込めば、低い金利で借り入れが可能です。

大手消費者金融では、初めての契約者を対象に無利息で借りられる期間を設ける無利息サービスを実施しています。

一定期間、利息の支払いが必要ありません。

金利が引き下げられるわけではなくても、利息がかからなければ実質低金利で借りているのと同じです。

消費者金融の中には、ポイントサービスを導入しているところもあります。

例えばプロミスでは、アプリの利用などでVポイントが貯まるサービスを実施。

SMBCモビットは、Tポイントでの返済が可能です。

ポイントを貯めたり使ったりできれば、現金を支払う負担が軽減できます。

他のローン商品の利用で優遇されるカードローンを選ぶ

他のローン商品の利用で優遇されるカードローンを選べば、金利の引き下げが可能です。

銀行カードローンには、以下のような取引でカードローンの金利が引き下げられる商品があります。

  • 住宅ローンの利用
  • 給与振込に利用

りそな銀行カードローンは、住宅ローンの利用または給与振込の利用で金利が年0.500%引き下げられます。

みずほ銀行カードローンや三井住友銀行のカードローンでは、住宅ローンを利用していると金利の優遇が受けられてお得。

低金利のカードローンを探すなら、住宅ローンや給与振込を利用している銀行のカードローン商品もチェックしましょう。

繰り上げ返済で支払う利息を減らす

利息の負担を減らして実質低金利で借り入れをするなら、繰り上げ返済で支払う利息を減らしましょう。

繰り上げ返済とは、決められた返済日以外に追加で返済したり、返済日に決められた金額より多めに入金したりする方法です。

年18.000%で20万円借りた場合を例に、利息の違いを確認しましょう。

返済期間 支払う利息
5年間 104,700円程度
4年間 82,000円程度
3年間 60,200円程度
2年間 39,600円程度
1年間 20,000円程度

参考:E-LOAN │カードローンのかんたん返済額シミュレーション

同じ金額を借りていても、返済期間によって利息額が大きく違います。

利息は借入日数が増えるほど増えるため、早めの返済で利息を減らしましょう。

すでに借り入れをしている人が金利を下げる5つの方法

すでに借り入れをしている人が金利を下げる方法は、以下の5つです。

  • カードローンで100万円以上借りると低金利になるため増額する
  • 滞納せずに返済を続けて優良顧客と認めてもらう
  • 今よりも金利が低いローンに借り換える
  • おまとめローンで借入をまとめる
  • 返済が難しい場合は金利引き下げを交渉する

それぞれの方法について確認しましょう。

カードローンで100万円以上借りると低金利になるため増額する

カードローンで100万円以上借りると法律の関係で低金利になる可能性が高いため、金利を下げる目的で増額する方法もあります。

利息制限法で定められている、借入額別の金利の上限を確認しましょう。

借入額 上限金利(年)
10万円未満 20.000%
10万円~100万円未満 18.000%
100万円以上 15.000%

参考:日本貸金業協会│上限金利について

借入額が10万円未満で年18.000%を超える金利で借りている人は、増額を希望して利用限度額が10万円以上になれば金利が年18.000%に引き下げられます。

借入額が100万円未満で年15.000%を超える金利で借りているなら、増額で利用限度額が100万円以上になると金利の引き下げが可能です。

滞納せずに返済を続けて優良顧客と認めてもらう

滞納せずに返済を続けて優良顧客と認めてもらうのも、金利を下げる1つの方法です。

カードローンの発行元は、優良な顧客には長く借りてもらいたいと考えます。

長く借りてもらうためのサービスとして金利を引き下げてもらえれば、低金利での借り入れが可能です。

今よりも金利が低いローンに借り換える

金利が高いカードローンを利用している人は、今より金利が低いローンに借り換える方法もあります。

借り換えを検討するなら、借り換えたいローンの上限金利を確認しましょう。

借り換えたいローンの上限金利よりも今の金利が高い場合は、借り換えると金利を引き下げられます。

おまとめローンで借り入れをまとめる

複数の借り入れがあって返済が厳しく金利を下げたいなら、おまとめローンで借り入れをまとめましょう。

借り入れをまとめると1社から借りる金額が高くなり、金利が下がるケースも。

年18.000%で3社から「50万円」「30万円」「20万円」を借りている人がローンをまとめると、1社からの借入額が100万円になります。

利息制限法によると借入額が100万円を超えた場合の上限金利が年15.000%なので、金利の引き下げが可能です。

返済が難しい場合は金利引き下げを交渉する

返済が難しくて金利を下げたい場合は、今の借入先に金利引き下げを交渉しましょう。

返済が滞るよりもよいと借入先が判断すれば、金利を引き下げてもらえる可能性があります。

ただし交渉で金利を引き下げてもらうと、新規融資が停止されるリスクがある点に注意しましょう。

返済能力がなくなると、新たな融資は受けられません。

金利の引き下げを要求しなければいけないほど返済能力が下がっている状態では、貸したお金を返してもらえないと思われる可能性も。

今後借り入れができなくなっても構わないなら、交渉を検討しましょう。

低金利で借り入れをする際の4つの注意点

低金利で借り入れをするなら、以下の点に注意しましょう。

  • 低金利のカードローンは審査が厳しい傾向が見られる
  • 低金利のカードローンは申し込み条件も厳しめな傾向が見られる
  • 低金利のカードローンの多くは即日融資に対応していない
  • 約定返済額の低いカードローンを選ぶと低金利でも返済総額が高くなる

それぞれについて詳しく紹介します。

低金利のカードローンは審査が厳しい傾向が見られる

低金利のカードローンは、審査が厳しい傾向が見られます。

融資をするには、対応する人や店舗が必要です。

万が一返済が滞る人が出た場合への、備えもしなければいけません。

カードローンの発行元は貸したお金に利息をつけて返済してもらい、必要経費を補っています。

人件費や店舗の維持費は、削減できない費用です。

削減できるのは返済が滞った場合への備えなので、低金利のカードローンほど備えが少なくなります。

備えが少ない分、返済できない人を出さないために審査を厳しくするしかありません。

低金利のカードローンは申し込み条件も厳しめな傾向が見られる

低金利のカードローンは、申し込み条件も厳しめな傾向が見られます。

例えば低金利のろうきんのカードローンは、ろうきんの会員になっていなければ申し込めません。

金利が年5.375~8.875%の中国ろうきんカードローン「マイプラン」を例に、申込条件を確認しましょう。

  • 中国5県に住んでいる(または勤務している)
  • 保証機関の保証が得られる
  • 安定継続した家計収入が150万円以上ある
  • 申込時の年齢が満18歳以上65歳未満である

上記に加えて、融資額が300万円を超える場合は、勤続年数が5年以上または前年の税込年収が500万円以上なければいけません。

年収に条件が設けられるなど、申し込み条件が厳しいのがわかります。

低金利のカードローンの多くは即日融資に対応していない

低金利のカードローンの多くは、即日融資に対応していません。

一般的に低金利で借り入れができるのは、銀行カードローンです。

消費者金融の上限金利である年18.000%程度に対して、銀行カードローンの上限金利は年14.500%程度。

金利が低い半面、審査に時間がかかります。

銀行カードローンでは反社会勢力への融資を避ける目的で、警察庁のデータベースに申込者の情報を照会しなければいけません。

情報の照会に時間がかかるため、即日融資は不可能です。

約定返済額の低いカードローンを選ぶと低金利でも返済総額が高くなる

約定返済額の低いカードローンを選ぶと、低金利でも返済総額が高くなるケースがあるため注意が必要です。

20万円借り入れしたときを例に、アイフルとみずほ銀行カードローンで利息額を比較しましょう。

カードローン アイフル みずほ銀行カードローン
金利(年) 18.000% 14.000%
約定返済額 8,000円
※約定日制
2,000円
利息 52,600円程度 136,400円程度

参考:アイフル│返済シミュレーション
参考:みずほ銀行カードローン│カードローン返済シミュレーション

みずほ銀行カードローンの方が低金利なのに、利息は8万円程度多いという結果が出ました。

アイフルは約定返済額が高く月々の負担が多い代わりに、返済総額が少ないのが特徴。

みずほ銀行カードローンは月々の返済がしやすい代わりに、返済総額が高くなります。

利息を抑えつつ低金利のカードローンを利用するなら、繰り上げ返済を活用しましょう。

低金利で借りるために知っておきたい金利の仕組みを解説

低金利で借りるためには、金利の仕組みを知っておかなければいけません。金利について詳しく確認しましょう。

金利とはお金を借りたときに支払う手数料の割合

金利とは、お金を借りたときに支払う手数料の割合です。

金利を元に、貸したお金に対する利息の金額が決まります。

例えば金利が年18.000%なら、借りたお金に対して1年間で18.000%の手数料を支払うといったイメージです。

適用される金利はローンごとの取り決めによって決まる

実際に適用される金利は、カードローンごとの取り決めによって決まります。

利息制限法によって上限の金利は決まっていますが、上限を超えなければ金利は自由に設定できます。

金利の表示の仕方も、カードローンごとに違うのが特徴です。

例えばプロミスは、年4.500%~17.800%と幅広い範囲で金利を表示。

アコムでは、契約額によって金利の範囲が決められています。

契約額 金利の範囲(年)
1万円~99万円 7.700~18.000%
100万円~300万円 7.700~15.000%
301万円~500万円 4.700~7.700%
501万円~800万円 3.000~4.700%

一般的に、融資額が高いほど低い金利が適用されます。

金利の幅は確認できますが、実際に借りるまで具体的な金利はわかりません。

初めての借り入れの際は多くの借入先で最も高い金利が適用される

初めての借り入れをする際は、多くの借入先で最も高い金利が適用されます。

例えば金利が年4.500%~17.800%のプロミスを初めて利用する人は、年17.8%の金利が適用される可能性が高いでしょう。

実際に融資をしないと返済をきちんとしてくれる人か確認できないため、最初は少額の融資になりがちです。

融資額が低いと、金利は高くなる傾向が見られます。

低金利のカードローンを探すなら、上限の金利に注目して借入先を選びましょう。

金利を元に支払利息を計算する方法を確認

金利を元に支払利息を計算する式は、以下の通りです。

【利息=借入残高✕金利÷365日✕借入日数】

例えば年18.000%の金利で10万円を30日借りた場合を例に、利息を計算しましょう。

【10万円✕0.1800÷365✕30=1,470円程度】

計算方法はわかっても、毎回自分で計算するのは大変です。

多くのカードローンで公式サイトに返済シミュレーションが用意されているため、シミュレーションを活用して利息を計算しましょう。

シミュレーションなら手間をかけずに何度でも計算できて、返済計画を立てる際に便利です。

低金利のカードローンを選んでお得に借りよう

低金利のカードローンを探す際は、実質年率が低いカードローンまたはサービスやキャンペーンが充実しているカーローンをチェックしましょう。

実質年率が低ければ、利息が軽減できます。

サービスやキャンペーンが充実しているカードローンなら、実質低金利での借り入れが可能です。

希望に合う商品を選んで、お得に借り入れをしましょう。